ホーム » お部屋探しガイド:物件の選び方

物件検索

賃料

|

間取り

面積

|

エリア

物件種別

こだわり条件

物件の選び方

バンコクでの物件選びにおいて重要となるポイント、多くの方が気になるポイントなどについて解説していきます。

家族構成によって選ぶべき物件も変わってくる

家族構成によって間取りが異なるのはもちろんですが、バンコクの場合、おすすめのエリアも異なってきます。というわけで、まずは各家族構成ごとのおすすめのエリアと間取りから紹介していきます。

単身者

エリア

単身者の場合、エリア選びでもっとも重要になるのはやはり通勤の便。バンコク郊外に通われる方は高速道路乗場の近くであることや、BTS(高架鉄道)やMRT(地下鉄)を利用するならなるべく駅に近いところにしたほうがいいのは言うまでもありません。日本食を重視する方におすすめなのは、サラデーン駅周辺、それとスクンビット通りのプロンポン駅からトンロー駅にかけてのエリアです。この2つのエリアは日本食レストランが密集しており、特にサラデーン駅周辺は日系企業も多いので、日本人の単身者にとても人気のエリアになっています。

間取り

単身者で駐在期間が長期の予定ではない場合、サービスアパートのワンルームがいちばんおすすめ。生活に必要な家具・家電がほとんどそろっているので、スーツケースひとつだけでふだんどおりの生活をスタートできます。掃除・洗濯などのサービスが付いてくるのも単身者には嬉しい限り。多くのところで日貸しも行っています。駐在期間が長期の場合や予算をなるべく抑えたい場合は、コンドミニアムやアパートの1ベッドルームという選択肢もあります。

夫婦2人

エリア

旦那様の通勤の便だけでなく、奥様の行動範囲も考慮しなくてはなりません。日本の食材を毎日買いたいなら、日系のスーパーが多いアソーク駅~トンロー駅にかけてのエリアがいいでしょう。日本的な生活をそれほど重視しない方には、西洋人が多く居住しているプルンチット地区や、下町の情緒を残しながら高層コンドミニアムが次々に建てられているプラカノン駅~オンヌット駅のエリアもおすすめです。

間取り

ご夫婦にいちばん人気なのは2ベッドルームです。日本だとご夫婦でも1ベッドルームで十分だったりしますが、タイの場合、1ベッドルームは単身用に特化している物件が多いので、収納の面などで問題が出てきてしまいます。

夫婦+乳幼児

エリア

赤ちゃんがいる場合、エリア選びでもっとも重要なのはかかりつけの病院へのアクセスです。幼稚園に入園する年齢までバンコクに滞在する予定でしたら、その通園の便も考慮しなくてはなりません。日系の幼稚園が多いのはアソーク駅~エカマイ駅にかけてです。

間取り

おすすめは2ベッドルーム以上。ベビー用品はなにかと量が多くなりますので、収納スペースもたっぷりとられている物件がいいでしょう。

夫婦+幼稚園以上のお子様

エリア

お子様を日本人学校に通わせている場合、その通学の便からアソーク駅~エカマイ駅にかけてのエリアを選ばれる方がほとんどです。日系の幼稚園が多いのもこのエリアです。インターナショナルスクールに通わせる場合は学校に通学アクセスを確認してからエリアを決めたほうがいいでしょう。

間取り

お子様が1人なら2ベッドルーム以上、2人なら3ベッドルーム以上がおすすめです。プールや子供の遊び場が付いている物件もお子様連れの方に人気です。

ペットは飼える?

日本で飼っている愛犬・愛猫などをバンコクまで連れていく場合、物件の選択肢は非常に狭くなります。ペット可の物件は全体の2割程度しかなく、ペット可としていながらも犬種や大きさによっては断られるケースもあるからです。また、ペットを飼うと部屋が傷みやすいので、退去時に高額な補修費をとられることもあるということも頭に入れておく必要があります。小鳥やハムスターなど籠に入れて飼育するペットの場合は、事前に物件のオーナーとの相談になります

たばこは吸える?

タイでは空調の効いたレストランやオフィスではすべて禁煙とされていますが、賃貸物件では室内の喫煙がOKなところもあります。サービスアパートの場合、喫煙フロアと禁煙フロアに分かれている物件もあります。

駅からは近いほうがいい?

バンコクの物件で自分の条件にピタリと合い、なおかつ、駅からも近いところというのはあまり多くありません。しかし、駅から遠い物件でも、次にあげるような方法がありますので、交通に不便を感じることはさほどないでしょう。

シーローを利用する

シーローとは軽トラックを改造した乗り合いタクシー。料金は交渉制で、同じソイ(小路)の中なら30~40バーツ程度。スクンビット通りではソイ35、39、49、53、55などを走っており、ソイの入り口から物件まで移動するのにとても便利です。特に日本人の奥様たちに人気の交通手段です。

シャトルサービスを利用する

駅から離れている物件の多くは、入居者を最寄り駅やデパートまで無料で送ってくれるシャトルサービスを提供しています。詳細は物件によって異なりますが、一般的に運行時間は朝から夕方まで、送迎ではなく送りのみ行っているケースが多いです。

タクシーを利用する

タイのタクシーは初乗り料金が35バーツですので、移動のたびに毎回利用してもそれほど大きな出費にはなりません。バンコク中心部ならどこでも簡単に捕まえることができます。ただし、違法ではあるものの、メーターを使わずに値段交渉をしてくるタクシーもいます。

社用車を利用する

単身者で社用車を支給されていれば、そもそも電車を利用する必要がなくなります。

新築と築深はどちらが良い?

日本で人気なのはもちろん新築のきれいな物件ですが、タイの場合、新築はなにかしらの初期不良トラブルの発生する確率が高くなっています。その点、築深物件は長年の実績から来る安心感があります。ですので、必ずしも新築物件のほうが良いとは言い切れません。

他にチェックするべきポイントは?

照明

照明は日本でも一般的な明るい蛍光灯をメインしている物件もあれば、欧米人好みの白熱球をメインにしているところもあります。

網戸

バンコクでは物件によっては網戸が付いていないことも。低層階のお部屋だと蚊が多いので、この有無は必ずチェックしましょう。

コンロ

タイのコンロはガスコンロと電熱式コンロの2つが主流。使いやすさはガスコンロのほうが少し上です。日本で人気のIH式はタイではまだあまり普及していません。

バルコニーの柵

バンコクの物件はバルコニーの柵が低すぎたり、パイプの間隔が広すぎたりすることも。転落の危険性がありますので、小さなお子様のいる方はこのような物件は絶対に避けましょう。

カーテン

カーテンはすべての物件に付いていますが、レースカーテンの有無は物件によってまちまちです。

冠水

スクンビット通り沿いはエリアによっては雨季に冠水することがあります。といっても、それほど頻繁に起こるわけではありませんので、これはそこまで気にする必要もありません。

方角

日本だと日当たりの良い南向きが人気ですが、タイでは、日当たりの良い方角は暑いという理由で北向きが好まれます。しかし、方角よりもチェックすべきポイントは、物件の周辺に建設中のビルがないかということ。バンコクでは建設ラッシュが続いており、その工事の騒音はかなりのものになります。

賃貸物件の種類
各エリアの特徴

最近あなたがチェックした物件