ホーム » よくある質問 Q&A:契約編

物件検索

賃料

|

間取り

面積

|

エリア

物件種別

こだわり条件

契約編

Q:仲介手数料はかかるの?

A:仲介手数料はお客様からはいただいておりません。それ以外でも、弊社がお客様から料金をお支払いいただくことは一切ありませんので、安心してご利用ください。

Q:敷金礼金はある?

A:タイには礼金という商習慣はありません。しかし、敷金に相当するデポジットというものはあり、これは通常、家賃の2ヶ月分です。退去時にお部屋の補修費が差し引かれて返却されます。

Q:デポジットはいつ払うの?

A:デポジットは契約の際に前家賃(1ヶ月分)といっしょに払うのが一般的です。支払いは現金、小切手、銀行振込が一般的です。

Q:最低契約期間は?

A:アパートやコンドミニアムの最低契約期間は1年です。最初の契約期間の1年の間に中途解約をするとデポジットは返却されません。サービスアパートでしたら日貸しや週貸しも行っています。

Q:契約にビザやワークパーミットは必要?

A:必要ありません。まだビザやワークパーミットを発給してもらっていない方でもパスポートさえあれば問題なく借りることができます。

Q:家賃以外に管理費などの別途料金は発生する?

A:管理費については、借り手側がオーナー側から徴収されることはありません。

Q:駐車場の契約は必要?

A:ほとんどの物件で駐車場は1台分無料です。2台目からは物件によっては有料のところもあります。また、駐車場に空きがない場合もありますので、事前確認が必要です。

Q:付帯家具を撤去してもらうことはできる?

A:オーナー側との相談になります。お部屋探しの段階で弊社にもご相談ください。

Q:マンションの契約を中途解約するとどうなる?

A:バンコクの外国人向けマンションのほとんどは、中途解約するとペナルティ(違約金)としてデポジットを没収されるという契約になっています。デポジットを無駄にしたいためには契約満了のタイミングで退去しなければなりません。ただし、契約更新後の2年目については「会社の人事異動でバンコクを離れる場合、60日(もしくは30日)前までに解約通知を行えばデポジットは没収しない」という内容を契約書に入れてくれるところが多いです。

Q:賃貸契約書は何語?

A:外国人向け物件の場合は基本的に英語です。オーナー側で独自に用意した契約書を使用するのが一般的です。契約書は弊社にて不備が無いか確認してからお客様にお渡ししています。また重要事項のご説明もさせて頂きますのでご安心ください。

Q:タイの賃貸借契約は日本とどう違う?

A:タイの賃貸借契約はオーナー側にかなり有利になっています。たとえば、オーナーは契約更新時に賃料を自由に値上げすることができ、入居者がそれに応じなければ退去するしかありません。中途解約するときは入居者がペナルティを支払わなくてはなりません。また、入居者は退去直前、内見を希望する第三者に自分の生活している部屋を見せなくてはならないという条項があるのも一般的です。

お部屋探し編
入居編

最近あなたがチェックした物件